2

綾瀬はるかと明暗…石原さとみ「高嶺の花」が苦戦の理由

2018年8月11日 09時26分

石原さとみと綾瀬はるか(C)日刊ゲンダイ

[拡大写真]

 ホリプロの“先輩・後輩”の明暗がくっきりと分かれた。

 石原さとみ(31)主演の「高嶺の花」(日本テレビ系)の第5話の視聴率は8・2%と、再び過去最低を記録。初回の11・1%が最高で、それ以降は9・6%、8・2%、9・2%とひとケタが続いている。

 一方、先輩の綾瀬はるか(33)主演の「義母と娘のブルース」(TBS系)の第5話の視聴率は、過去最高の13・1%を記録した。初回の11・5%から上昇傾向が続いている。

 事務所の二枚看板、石原と綾瀬は活動経歴や年齢がかぶり、過去にも容姿やキャスティング、男女関係、写真集の売り上げなどが比較されてきたが、今回は綾瀬に軍配が上がったようだ。石原は撮影現場を盛り上げようと頑張っているらしいが、苦戦しているのはナゼなのか。

 ネット上には「ビジュアルがちょっと苦手」「本当ムリです」などと、石原の恋人役・峯田和伸に問題があるかのようなコメントもあるが、コラムニストの桧山珠美氏は「『SHOWROOM』前田裕二社長との恋愛報道がミソをつけたのでしょう」と、こう指摘する。

「『ZOZOTOWN』前澤友作社長と交際中の剛力彩芽もそうですが、裕福なIT社長と女優の恋愛に世間は興ざめしています。以前から石原には“恋多き女”のイメージがあり、今も決して印象は悪くありません。ただ、綾瀬と比べると、どうしても見劣りしてしまう。綾瀬は松坂桃李と別れて以来、熱愛の話がなく、“処女性”さえ感じさせますからね」

 ドラマの役柄や演出の影響もあるようだ。

「綾瀬はるかと明暗…石原さとみ「高嶺の花」が苦戦の理由」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    それ以前に本を書いてるのが…。

    3
  • 匿名さん 通報

    次回のドラマ新垣結衣さんの主演って噂で聞いたからいち早くバトンタッチしてほしい。でも今回の綾瀬さんのドラマは結構いい。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!