0

【西郷どん】笑福亭鶴瓶、“悩みながら”岩倉具視役を怪演「まだ悩んでます」

2018年8月11日 08時00分

大河ドラマ『西郷どん』第30回「怪人 岩倉具視」より。笑福亭鶴瓶が演じる岩倉具視に注目(C)NHK

[拡大写真]

 1994年(平成6年)まで日本銀行から払い出しされていた五百円紙幣の表面を飾っていた人物、岩倉具視。彼の存在なしに、明治維新は実現できなかった。NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)にも第26回(7月15日放送)に初登場。演じるのは、笑福亭鶴瓶(66)だ。そして、あす12日放送の第30回のサブタイトルは「怪人 岩倉具視」。その“怪人”ぶりを鶴瓶が明かす。

 鶴瓶は、1999年『元禄繚乱』の歌舞伎狂言作者・並木千柳を演じて以来、2度目の大河ドラマ出演となるが、「前回は勘三郎さん(当時は中村勘九郎)に頼まれてラストに出ただけなので、今回が初めてみたいなもの。岩倉具視については、500円札と岩倉使節団で海外視察に行ったことくらいの知識しかなかったんですけど、ジタバタしてもしょうがないので中園さん(の脚本)に任せよう、と思いました」。

 岩倉役に鶴瓶を推した張本人が、『西郷どん』の脚本を手がける中園ミホ氏。とある舞台公演の会場で、中園氏がいきなり駆け寄って来て、「岩倉具視、見つけた。やって!」と口説かれたという。「何のこっちゃと思っていたら、大河だって正式にオファーをいただいて。主演は鈴木亮平やし、瑛太もおるし、楽しそうやな、と思って引き受けたんです」。

 京都の貧乏公家の出身でありながら、孝明天皇の信頼を得て、古い体質の朝廷を改革したいと考えていた岩倉。井伊直弼の死後に権威喪失した幕府は、天皇の妹・和宮と将軍・家茂の結婚を求め、公武合体派だった岩倉はこれに賛同。

「【西郷どん】笑福亭鶴瓶、“悩みながら”岩倉具視役を怪演「まだ悩んでます」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!