0

鬼龍院翔、音楽フェスのステージを終え「どうりで死にかけるわけだ」

2018年8月12日 16時28分
ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーのメンバーである鬼龍院翔が、11日に自身のアメブロを更新。野外音楽フェスイベント『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』のステージを終えた感想をつづった。

鬼龍院は、「ライブをやると心が超回復します 今日もとっても楽しい空間でした」と感想を述べた一方、灼熱の中「2週間ぶりのライブだったんですね、どうりで死にかけるわけだ」と苦労もつづった。そして「ライブが楽しいからか反動が凄いのよね」と疲れを見せつつも、次のライブが待ち遠しいとつづった。

ライブ後は、いくつかの取材を受け、ステーキやしらすピザ、メロンまるごとクリームソーダといったフェスグルメを堪能したことを報告し、グルメの写真を公開した。

また、メンバーの樽美酒研二も同日、自身のアメブロを更新し、「マジで緊張で死ぬ 歌いながら内臓が口から出て死ぬ。。」とライブの感想をつづった。

【関連記事】
「歌うって大変。。」(樽美酒研二オフィシャルブログ)
「ロッキンジャパンでした」(鬼龍院翔オフィシャルブログ)
ダイアモンド☆ユカイ、タイで妻のシュノーケリング姿に驚愕&結婚の証人と再会
DAIGO、大好きな『超特急』の6周年をお祝い「年の差超えて仲良くしてもらうぜ」
龍玄とし(Toshl XJAPAN)、アメブロを開始「新たなる旅が始まります!」

「鬼龍院翔、音楽フェスのステージを終え「どうりで死にかけるわけだ」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!