0

RG 周囲が心配する「山根ネタ」の危険度

2018年8月14日 11時00分

ツイッターでRGは山根前会長のものまね

[拡大写真]

 独特のキャラクターと突飛なコメントで、世間を騒がせ続けている日本ボクシング連盟の前会長・山根明氏(78)にいち早く乗っかり、そのキャラクターになりきったモノマネを始めたお笑い芸人レイザーラモンRG(44)が、周囲から「激怒した山根氏に反撃されるのでは?」と本気で心配されているという。

 助成金の不正流用や暴力団関係者との交際などの疑惑が報じられた山根氏が、テレビなどメディアの取材に最初に応じたのは今月2日のこと。それまではまだどんな人物か世間一般的には分からなかったが、自ら「世界の山根」などと言い切る独特のキャラクターで、一気に知名度が広がった。

 これにお笑い界で、真っ先に反応したのがRGだ。自らのツイッターでは5日、山根氏のキャラをマネした写真をアップ。さらに「村田諒太が金メダルを取れたのも私のおかげ」との山根氏発言を「村田(とろサーモン)がチャンピオンになれたのも私のおかげ」と、昨年のM―1グランプリで優勝した「とろサーモン村田秀亮になぞらえてチャカすなど、ネタにしたのだ。

 ツイッターだけではない。9日に都内で行われたパナソニックの靴脱臭機「MS―DS100」の発売記念イベントに、RGは山根氏に扮して登場。「楽屋にすごい量のジュースとお弁当があったけど、カンロ飴しか食べなかった」と、山根氏の好物であるカンロ飴をオチに使い笑いを取っていた。

 お笑い関係者は「若手芸人はみんな『やられた!』と悔しがってましたよ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「RG 周囲が心配する「山根ネタ」の危険度」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!