0

現役女子大生が選ぶ平成アイドル 1位はやっぱり?それとも驚き?

2018年8月18日 17時48分

前田敦子さん(2013年2月撮影)

[拡大写真]

大学対抗アイドルコピーダンス日本一決定戦「UNIDOL」を主催する「UNIDOL実行委員会」は2018年8月17日、「平成で一番好きなアイドル」と「平成で一番好きなアイドルソング」ランキングを発表した。

トップ10アイドル部門では「ハロプロ」系、アイドルソング部門ではAKB48の楽曲のランクインが目立った。

好きな曲1位は「サイレントマジョリティー」

ランキングはUNIDOLに出場する全国のアイドル好きの女子大生93人を対象としたアンケートをもとに作成された。参加者には1~3位まで記入してもらい、1位の項目には5ポイント、2位には3ポイント、3位には1ポイントを加算した。

好きなアイドルで1位に輝いたのは、元AKB48前田敦子さん(77ポイント)だ。AKB48の初代センターであり、選抜総選挙では2度1位を獲得している。2位には元℃-uteの鈴木愛理さん(49ポイント)がランクイン。「アイドルとして完璧」との声が上がった。

3位~10位を見ると、4位に元モーニング娘。の高橋愛さん(28ポイント)、7位に松浦亜弥さん(24ポイント)、8位に元モー娘。の鞘師里保さん(23ポイント)、9位に元Berryz工房の嗣永桃子さん(22ポイント)と、ハロプロ系のアイドルが多くランクインした。

接戦となった「好きなアイドルソング」で1位に選ばれたのは、欅坂46の「サイレントマジョリティー」(58ポイント)。「同質社会へのアンチテーゼ」を歌う曲で、プロモーションビデオ(PV)の再生回数は1億回を突破している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「現役女子大生が選ぶ平成アイドル 1位はやっぱり?それとも驚き?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!