0

これぞWikipedia文学!「Wikipedia」のクオリティが高すぎるページ11選

2018年8月26日 07時00分


Wikipedia(ウィキペディア)はインターネットを活用している人にとってはすっかりおなじみの、インターネット百科事典。さまざまな項目のページがありますが、誰もが無料で閲覧できるだけでなく、誰でも自由に編集することができるのが特徴です。

知識の豊富な人がページを編集すれば当然そのページの内容は濃いものになります。内容が充実し、読み応えのあるページは「Wikipedia文学」と呼ばれていて、「百科事典のレベルを超えている」「無料でこれが読めるなんて」と高い評価を受けているのです。



■読んでおくべきページを紹介
Wkipediaには読み応えのあるページがたくさん存在しているとはいえ、ページの数自体が膨大なので自力で探し出すのは至難の業。そこで今回は特に評価の高いページを厳選して紹介します。まずはこれらの中から興味のある内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。
■Wikipediaのクオリティが高すぎるページ11選

①タロとジロ

1950年代に南極地域観測隊に同行し、鎖につながれたまま南極に取り残されてしまったが、極寒の中で生き延び、1年後に救出された樺太犬の兄弟の記事。高倉健主演の映画『南極物語』の原案になった出来事です。1年南極に取り残されても、世話をしていた北村の声に反応した部分は胸が熱くなります。

②たま(猫の駅長)

1999年~2015年まで、和歌山県の和歌山電鐵貴志川線貴志駅で駅長を務めたメスの三毛猫「たま」の記事。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「これぞWikipedia文学!「Wikipedia」のクオリティが高すぎるページ11選」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!