0

『チア☆ダン』、けがをしたわかばに対するメンバーの態度が「いじめレベル」だと話題

2018年9月14日 18時00分

 9月14日夜10時から第10話が放送される、土屋太鳳主演の『チア☆ダン』(TBS系)。視聴率は第1話8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、第2話8.6%、第3話6.6%、第4話7.3%、第5話5.5%、第6話6.1%、第7話7.1%、第8話6.6%、第9話6.8%となっている。

 同ドラマは、大ヒット映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』の続編にあたる物語。全米大会を制覇したチアダンス部「JETS」にあこがれた藤谷わかば(土屋)が、チアダンス部・ロケッツを立ち上げ全米大会を目指すというストーリーだ。

 第9話では、関東予選大会を突破したロケッツが、全国大会に向けての練習をスタート。そんな中、わかばが大会直前に靭帯損傷という大けがを負ってしまう。さらに、完治までには1カ月以上かかると診断され、戸惑いを隠しきれない。しかし、ロケッツが勝つことを優先させるため「全国大会には出ない」と宣言し、練習のサポートやフォローに回ることに。

 一方、汐里(石井杏奈)は、空元気で張り切るわかばに対し「もうロケッツに来なくていい」と、辛らつな言葉を浴びせる。すると、他メンバーも「正直やりづらい」「ウザい」と冷たい言葉を投げかけ、わかばを部室から追い出してしまう。しかし、書き留めていた“夢ノート”を見返しているうちに、チアダンスの楽しかった思い出が蘇ってきたわかば。

「『チア☆ダン』、けがをしたわかばに対するメンバーの態度が「いじめレベル」だと話題」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!