11

ウエンツ、ダレノガレ…芸能界“海外留学ブーム”の落とし穴

2018年9月15日 09時26分

ウエンツ瑛士とダレノガレ明美(C)日刊ゲンダイ

[拡大写真]

コラム【芸能界仕事術】

 タレントのウエンツ瑛士(32)が、10月から演技の勉強のため、ロンドンに留学することを明らかにした。

 バラエティー番組のレギュラーを多く持っている売れっ子だけに、驚くような話だと感じる一方で、このところ同じような話が次々に出てくるなとも思った。

 元AKB48で売れっ子女優となった大島優子(29)は語学の勉強のためにニューヨークに留学中で、この秋に帰国予定。関ジャニ∞渋谷すばる(36)は、音楽を一から学ぶためにグループを脱退、事務所もやめて、留学の準備に入っている。

 先日はダレノガレ明美(28)が、ハリウッド女優になりたいという夢の実現のための第一歩であろう、来年1月のアメリカ短期留学を明らかにした。Hey!Say!JUMPの岡本圭人(25)も演技の勉強のため、グループ活動を休止して、2年間、留学することを発表している。

 ずらっと並べたが、みんなそれなりにネームバリューがあり、現役として売れている人ばかりだ。そして、みんな30歳前後という年齢でもある。それぞれが思いを抱いて、前に進もうとしていることも理解できる気がする。

 例えば、ウエンツは、そもそもWaTというデュオで歌手デビューし、俳優としても活動したが、現在はバラエティーが主流。実は彼は、12年前に仕事でカンヌ国際映画祭に行った際、フランスの高級ファッション誌「JALOUSE」から声をかけられ、後にフランスから撮影スタッフがわざわざ来日し取材を受けている。

「ウエンツ、ダレノガレ…芸能界“海外留学ブーム”の落とし穴」のコメント一覧 11

  • 匿名さん 通報

    そもそも”留学”を名目に日本から離れているだけだろ。

    11
  • 匿名さん 通報

    安い言葉だよな。留学ってのは本来、学位を取得するために行くことのみに使うべきだろう。語学学校に行くなんて誰でも(金さえ払えば)できんだろ。ニューヨークで綾部のやってること?まったく意味ねえし。

    8
  • 匿名さん 通報

    日本に来る外国人と違って、アメリカへの語学留学での学生ビザは簡単には取れません。それに、バイトもしてはいけません。

    4
  • 匿名さん 通報

    学生ビザは手続きが面倒なだけで簡単に取れるし、芸能人ならF1ビザ以外の手もある。ウェンツは演技の勉強の前に語学学校だろ(笑)。ハクつけるために海外行って芸能界での居場所がなくならないことを祈る。

    2
  • 匿名さん 通報

    本当に短期間で英語学びたかったら日本人のいない所行け。 ハワイ、ロス、NY、等は駄目。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!