0

渡辺美優紀、芸能活動再開までの2年間の想いを激白「“本当のこと”を純粋に伝えたい」

2018年9月15日 08時40分

7月に活動再開を発表し、9月に復帰第1弾ライブを行う元NMB48・渡辺美優紀。「私は、問題児だった」と、この2年間の想いを本に綴ったという 撮影/TAKU KATAYAMA (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

 2016年夏のNMB48電撃卒業から2年の充電期間を経て、渡辺美優紀が芸能活動再開を発表した。活動復活の第1弾は、『渡辺美優紀 1st LIVE TOUR 2018 ~Milky Land だよね~』と題して今月19日に東京・ZeppTokyo、21日に地元の大阪・なんばHatchでライブを行う。“元祖釣り師”とも言われ、アイドル時代からのファンも多い“みるきーの復活”に伴い、ORICON NEWSで独占インタビューを実施。この2年間の想いや今後の芸能活動ついて存分に語ってくれた。

■2年間、SNSでファンとの絆を温めてきた

――7月に活動再開を発表されて、NGT48中井りかさんが「待ってましたー!」「エモい、エモすぎ」とツイートしたり、たくさんの方がみるきーの活動再開を喜んでいました。発表の際はどういう心境でしたか?
渡辺美優紀】発表をできるっていう嬉しさや、発表の機会をいただいたこと、待っててくださったファンの皆さんへの感謝の気持ちもすごくありました。“早く伝えたい”っていう思いでした。

――実際に活動再開を発表してからの反響は?
渡辺美優紀】反響は自分では分かりません。でも、同時に、ライブ開催も発表させていただいたので、NMBのメンバーや卒業した子たちから「ライブ行きたい!」ってたくさん連絡をもらいました。すごく嬉しかったです!

――“みるきー”は、現役アイドルの中では“元祖釣り師”と神扱いされていますもんね。

「渡辺美優紀、芸能活動再開までの2年間の想いを激白「“本当のこと”を純粋に伝えたい」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!