0

『サバイバル・ウェディング』コマ撮りアニメの裏側もサバイバル

2018年9月15日 08時00分

日本テレビ系ドラマ『サバイバル・ウエディング』第9話(9月15日放送)より。コマ撮りアニメーションパート (C)日本テレビ

[拡大写真]

 日本テレビ系で放送されているドラマ『サバイバル・ウェディング』(毎週土曜 後10:00)。女性読者の9割が「面白い!」と絶賛した大橋弘祐氏の同名小説(文響社)が原作で、勤めていた出版社を寿退社した日に、恋人に婚約破棄されてしまった主人公・黒木さやか(波瑠)が、「半年以内に結婚しないとクビ!」という条件で復職させた敏腕編集長・宇佐美博人伊勢谷友介)のアドバイスを受けながら婚活に奮闘する物語。毎回、さやかの妄想シーンがコマ撮りアニメーションで表現されており、このドラマをとてもユニークなものにしている。

 コマ撮りアニメーションは、静止した状態のものを少しずつ動かして撮影し、連続再生することによって、人形などが自ら動いているかのように見せる撮影技術、技法。コマ撮りパートの制作は、NHKのキャラクター「どーもくん」や、『こま撮りえいが こまねこ』、テレビアニメ『おそ松さん』のエンディングアニメーションで知られるスタジオ、ドワーフが担当し、同社を立ち上げたアニメーション作家・合田経郎さんが陣頭指揮をとっている。

 ドワーフとして連続ドラマの各話にコマ撮りアニメパートがある作品を手がけるのは、『サバイバル・ウェディング』が初めて。「コマ撮りは時間がかかります。1日作業しても、映像にすると3~4秒にしかならないことも。ですが今回は、1日に15秒くらい撮っていかないと、毎週の放送に間に合わない、というスケジュール的な制約があったので、私たちとしても大きな賭け、大きな挑戦になりました」と合田さん。

「『サバイバル・ウェディング』コマ撮りアニメの裏側もサバイバル」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!