1

木梨憲武、第二の久米宏となるか? 相方・石橋と対照的な活動の方向性

2018年9月15日 06時00分
 とんねるずの木梨憲武TBSラジオにて『土曜朝6時 木梨の会。』を来月10月6日からスタートすることを発表した。本番組は朝6時から7時まで放送される1時間の生放送番組で、アシスタントは同局の古谷有美アナウンサーが務める。木梨は「朝早いけど起きている友人(芸能人)に電話して出てもらおう」「来られる人はスタジオにも来ちゃえよ」と今後、木梨の人脈を生かしたゲストも番組に出演することが示唆された。

 さて、本番組は木梨にとって、今年3月に終了したフジテレビ系『とんねるずのみなさんのおかげでした』以来のレギュラー番組。土曜朝6時という時間帯はライバル局であるニッポン放送では徳光和夫、文化放送では峰竜太など多くの芸能界のベテランがパーソナリティを担当している時間帯で、木梨は彼らより若いとは言え、高い年齢層を狙ったキャスティングであることは間違いないだろう。

 事実、とんねるずの全盛期をよく知る「とんねるず世代」と称される世代は現在、40代中盤となっており、スマホを使い出勤途中の電車や車でラジオを聞く人口が増えているという。そのため、今回の木梨のキャスティングは近くシニア世代となるであろう、中年世代のラジオファンをガッツリと朝のTBSラジオへ誘導させていく狙いがあると思われる。

 今回の「ラジオ番組を狙う」という戦略は成功するのか。ラジオ番組事情に詳しい放送作家に聞いてみた。

 「木梨さんのように、地上波テレビをセミリタイアし、ラジオ番組を始めたタレントには久米宏さんがいます。

「木梨憲武、第二の久米宏となるか? 相方・石橋と対照的な活動の方向性」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    石橋氏はもはやフジにしがみついている印象が拭いされない。木梨氏はラジオの番組がコケても他からオファーがあるはず。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!