0

気づけばマウンティングに…つい張り合ってしまう人の痛い体験とは?

2018年9月15日 06時30分
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus)

相手よりも優位な立場だと示そうするマウンティング。女性同士の関係で話題になることも多いが、負けず嫌いや意地の張り合いなどは男性でも見かけることが多い。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,357名を対象に「つい人と張り合ってしまう」という人の割合を調査した。

■年収に比例するが「金持ち喧嘩せず」も「つい人と張り合ってしまう」と回答したのは、全体で21.5%と割と少なめ。男女別では男性21.5%に対して、女性は21.6%と男女差はない。

しかし、性別・年代別では
(©ニュースサイトしらべぇ)

女性は30代、男性は60代が3割前後で突出している。

30代女性はママ友絡みでマウンティングが多そうなイメージのほか、独身でも仕事や恋愛・結婚など、さまざまな状況で周囲と自分の立ち位置の差を気にかけやすい年代と考えられ、つい張り合ってしまう場面は多そう。

また、60代男性は重ねてきた経験への自信が、人と張り合う要因になるのだろうか。

「人と張り合ってしまう」ことの良い面を見れば、上昇志向があるとも言える。そこで年収別のデータを見ると、
(©ニュースサイトしらべぇ)

1,000万円未満までは、年収に比例して高くなる。しかし、「1,000万円以上」になるとやや割合が下がる結果に。

一定のラインを突き抜けると、張り合う必要がなくなるのか、「金持ち喧嘩せず」という領域になるのか…。

「気づけばマウンティングに…つい張り合ってしまう人の痛い体験とは?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!