0

アラフォー風俗嬢が新潟で見た、田舎の風俗に来る20代独身男子の孤独

2018年9月16日 21時00分

――デリヘルで風俗デビューし、出稼ぎ&吉原ソープを掛け持ちした後、現在は素人童貞などSEXに自信のない悩める男性のためにプライベートレッスンを行うアラフォー風俗嬢が、男たちの姿をつづります。

 水商売の閑散期は2月と8月なんてよく言うけれど。じゃあ風俗は? 年中閑散期で、世間の大型連休やボーナス後にちょこっと繁忙期があ るだけのように感じる。

 そんな閑散期が続く中でも、特にひどいのが9~11月だと思う。もうすでに今、冬のボーナス支給が始まるまでじっと耐え忍ぶ時期に入った。

 繁忙期の接客は手抜きがちになるけど、暇な時期の怖ろしさを身をもって経験しているので、どんなに変な客でも私は基本的に手を抜かない。吐き気がするほど気持ち悪い客でも、やるべき仕事はちゃんとする。出稼ぎで学んだ、風俗嬢が最低限必ずやるべきことは、フェラと射精だと私は思っている。それが、新規のフリー客からリピート指名をもらうことにつながってきた。

 出稼ぎでは、田舎のお客さんのいいところも知った。「また来月」とか「今度また呼ぶね」と言う人は、かなりの確率で約束を守ってくれるから、本当に温かい。東京じゃ平気で守らない約束をする人が多いから、余計に感動してしまう。次に呼ぶ気もないくせに、本番ヤりたさで「また次回も指名してあげるから」とか言うカスも東京には多い。だから、まだ地方の方が好きだ。って、出稼ぎは福岡と新潟と福島しか知らないけど。

「アラフォー風俗嬢が新潟で見た、田舎の風俗に来る20代独身男子の孤独」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!