0

「やめて、イメージ壊さないで!」井浦新の姿に悲鳴続出の『健康で文化的な最低限度の生活』9話

2018年9月18日 18時00分

 9月18日夜9時から第10話が放送される、吉岡里帆主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)。視聴率は初回7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、第2話5.5%、第3話5.8%、第4話5.5%、第5話4.8%、第6話4.9%、第7話5.3%、第8話5.6%と推移して、第9話では6.5%まで回復している。

 同ドラマの主人公は、新人ケースワーカー・義経えみる(吉岡)。安定・平凡を求めて公務員になったえみるは、栗橋千奈川栄李奈)や七条竜一山田裕貴)ら4人の同期とともに激務必至の生活課に配属される。福祉の知識もなければ人生経験も足りないえみるが、受給者たちのさまざまな人生模様に触れながら少しずつ成長していくというストーリーだ。

 第9話では、孫のハルカ(永岡心花)と2人暮らしの高齢受給者・丸山幸子小野和子)の家庭に新たな問題が浮上した。ある日、丸山家でボヤ騒ぎがあったと知らされ、えみると同僚の半田(井浦新)が2人のもとを訪問すると、そこには4年前にハルカを残して消えた母・梓(松本まりか)の姿が。梓は幸子の介護をしながら今後はハルカをきちんと育てると話し、そのために自分も生活保護を受けたいと申し出てくる。

 突然の展開に戸惑うえみるだったが、一家がすでに生活を共にしているため、梓が生活保護を受給することは可能。しかし、梓への不信感が拭えないえみるは、過去に失踪した理由を尋ねることに。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「やめて、イメージ壊さないで!」井浦新の姿に悲鳴続出の『健康で文化的な最低限度の生活』9話」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!