1

渡辺麻友、人生初始球式で“ライアン小川”再現 ノーバンならずも満足げ

2018年9月19日 19時21分

『東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース』の始球式に登場した渡辺麻友 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

 元AKB48で女優の渡辺麻友(24)が19日、東京・神宮球場で行われたプロ野球『東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース』の始球式に登場。人生初となる始球式で、ヤクルトの“ライアン小川”こと小川泰弘投手(28)の足を大きく上げるフォームを真似てピッチングしたものの、惜しくもツーバウンドとなった。

 始球式後に行われた囲み取材では「ちょっと人生初めてだったので、あまりにも緊張しすぎて、投げる前後の記憶がなくて、頭が真っ白です」と率直な感想を吐露。「この日に向けて、1週間、毎晩練習をして備えてきました。反省点もありつつですが、もともとスポーツ全般が得意ではなくて握力も1ケタレベルで、投げられるのかっていう中(での投球)だったので、少しはちゃんと投げられたかなと思います」と声を弾ませた。

 ボール自体はキャッチャーの方向へ真っすぐ進んでいったことから「大きくそれたりしなかったので良かった。きょうの練習くらいから、ボールが真っ直ぐいくようになりました」と満足げな表情。自己採点を求められると「53点!」と答えながら「小川投手の足をすごく高く上げるフォームを動画で何回も見て練習したので、そこはできていたんじゃないかな」とアピールしていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「渡辺麻友、人生初始球式で“ライアン小川”再現 ノーバンならずも満足げ」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    なんだ横浜戦じゃないんだ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!