5

マラソン世界新記録樹立 キプチョゲはなぜ異次元のタイムを出せたのか

2018年9月21日 07時00分

 2時間1分39秒。


 この記録を見て、日本のマラソンランナーたちは何を感じただろうか?


 今月16日に行われたベルリンマラソンで、エリウド・キプチョゲ(ケニア)がマークした世界新記録は、まさに異次元の数字だった。



 従来の世界記録(デニス・キメットの2時間2分57秒)を1分以上更新し、今年2月に設楽悠太(HONDA)が更新した2時間6分11秒の日本記録とは実に5分近くの大差をつけている。


■「フルマラソンで2時間を切る」ことを目標に

 実は、この大記録の樹立には前段がある。


 5年前からスポーツメーカーのナイキが「フルマラソンで2時間を切る」ことを目標に、「Breaking2」と題したプロジェクトをスタートさせていた。キプチョゲはそのプロジェクトに参戦したランナーのひとりでもあった。


 実際のトライアルは昨年5月、F1ファンの間で高速コースとして名高いイタリア・モンツァのサーキットで行われた。


 周回コースを用いて複数のペースメーカーが交代でつけられたり、特殊な給水方法を実施したりと、公認条件下ではなかったため、公式には記録認定されなかったものの、キプチョゲは当時の世界記録を大きく上回る2時間00分25秒で42.195kmを走破した。この経験が、今回の記録達成の一助となっているのは間違いないだろう。


 モンツァの地でプロジェクトを取材した時に最も顕著に感じたのが、キプチョゲの持つ冷静さと、メンタル面の強さだった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「マラソン世界新記録樹立 キプチョゲはなぜ異次元のタイムを出せたのか」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    いまに死人が続出しそうな競技になっていく・・・

    3
  • 匿名さん 通報

    距離が短いだけ!昔のニューヨークマラソンと一緒!このコース正確に測ったら相当短いよ!

    3
  • 匿名さん 通報

    記録を狙ってるならゴール前で手を上げたらだめだろ

    1
  • 匿名さん 通報

    いずれ、1時間59分。

    1
  • 匿名さん 通報

    たった5km程度ならキロ=2.9kmで走ることが可能だが、10km以上それを維持することは一般的な日本人の生活環境、身体構造では不可能。出来ても故障して再起不能。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!