5

香取慎吾の「パリ個展ツアー」に用意された“奇跡の光景”とは

2018年9月24日 18時15分

 香取慎吾にとって初となる海外での個展「香取慎吾 NAKAMA des ARTS」が、フランス・パリのルーブル美術館にて9月19日にスタートした。同日には個展のレセプションパーティーや、香取が就任した「ジャポニスム2018 広報大使」のお披露目式も開催。現地には“新しい地図”の稲垣吾郎草なぎ剛も応援に駆け付け、3人がパリの地で集結した。

 その香取はジャポニスム2018の公式インスタグラムにて「ボンジュール! 香取慎吾と申します。メルシー!」とフランス語による挨拶動画を公開。ネットでの動画公開を厳しく制限しているジャニーズ事務所時代との違いを際立たせた形だ。

 そして今回のパリ個展に際してはもうひとつ、ジャニーズ時代には絶対にあり得なかったイベントも催されたという。マスコミがほとんど触れていないそのイベントについて、芸能ライターが語る。

「今回の個展開催に際しては『初個展鑑賞ツアー』が催行され、600人ものファンが現地に渡ったのです。芸能人のファンツアーは珍しくないものの、タレントとの直接的な接触を厳しく制限しているジャニーズでは考えられない話。それゆえ香取とのファンツアーも今回が初めてとあって、経由便利用で29万円~、パリ直行便利用では44万円~という高額な価格設定にも関わらず、予約開始とともに予定人数の2倍にあたる申し込みがあったとか。ツアー総額は3億円にも及び、史上最大級のファンツアーになったようです」

 公式ツアーの目玉は9月18日の「NAKAMA des LUNCH会」。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「香取慎吾の「パリ個展ツアー」に用意された“奇跡の光景”とは」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    これなら俺の方が上手いと言っているあなた、悔しかったらルーブルで個展開いてから言え!

    8
  • 匿名さん 通報

    アンチが騒いでも、これが結果。SMAPのファンは経済動かす世代。そして妻が財布を握ってる。若しくは現役OL。自由にお金を使えます。普段から美術館行く余裕もあるし。

    6
  • 美術館内じゃない 通報

    こっちのニュースにはルーブル美術館の【関連施設】の【無入場料個展】だったって事は書いてないんだね。太いファンが沢山~w

    4
  • 匿名さん 通報

    ゴリラのファン殺到wゴリラのファンは痛いヤツばっかだけど、羨ましいなぁ。有名なゴリラのイタズラ書きで金稼げるんだから。飯島も大したもんだw

    3
  • 匿名さん 通報

    22:01嫉妬と悔しさが溢れだしていますけどWWどんなにあなたが頑張っても、無駄なんだから諦めなさい。ずっと絡んでるけど、時間がもったいないよ。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!