1

BTSの楽曲制作中止で韓国進出戦略が狂い始めた秋元康氏

2018年9月24日 23時00分
 先日、AKB48グループの総合プロデューサーで作詞家の秋元康氏が作詞を手がけることで話題を呼んでいた、韓国の男性7人組ヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」の新曲「Bird」が発売中止になったことを、同グループの所属レコード会社が公式ホームページ(HP)で発表。波紋を呼んでいる。

 同曲は日本を代表するヒットメーカーである秋元氏と、世界を股にかけて活躍するBTSのコラボレーションとして発売前から注目されていた。

 しかし、レコード会社のHPでは「制作上の都合で変更することになりました」とのみ説明。タイトルを「FAKE LOVE/Airplane pt.2」に変更すると発表し、「発表直後の変更になりましたこと、おわび申し上げます」と謝罪した。

 「秋元氏による楽曲提供が発表された時点で、ネット上でBTSのファンが『AKB48メンバーの中で靖国神社を訪れている者がいる』、『旭日旗に似たものが付いたコスチュームを着ていた』と大騒ぎした。事務所も当初は静観していたが、一部ファンが『シングルの発売を中止しなければ不買運動する』などと声明文を出す事態に発展。事務所にも抗議の声が殺到しコラボ中止の決断に至りました」(韓国の芸能界に詳しいジャーナリスト)

 BTSは、今年発表した2作品がアルバムチャートで全米1位になるなど、現在のK-POPグループをけん引する存在に成長。もし楽曲を提供していれば、秋元氏の名も一躍、韓国や全米にとどろいたかもしれない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「BTSの楽曲制作中止で韓国進出戦略が狂い始めた秋元康氏」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    韓国勢が海外を目指すのは韓国内市場が小さいから。韓国進出を目指すとか書いてる素人メディアは黙っていたほうがいい。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!