5

『新潮45』休刊 会社として「深い反省の思いを込め」

2018年9月25日 17時33分

休刊することが発表された『新潮45』

[拡大写真]

 新潮社は25日、物議を醸していた『新潮45』を休刊することを公式サイトで発表した。

 休刊の経緯として「ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていた」ため、「その結果、『あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現』を掲載してしまいました」と謝罪した。

 会社として、「十分な編集体制を整備しないまま『新潮45』の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断」した。今後に向けて「社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です」と決意を新たにしている。

 同誌は1985年に創刊した総合月刊誌。8月号で杉田水脈氏が「同性愛者は生産性がない」と主張する内容の寄稿文を掲載し、10月号でも杉田氏を擁護する特集を組んだことで、各方面から批判を浴びていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「『新潮45』休刊 会社として「深い反省の思いを込め」」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    ドル箱の村上春樹にでも脅されたか?へたれ出版社wwww

    202
  • 匿名さん 通報

    どこから圧力がかかったのでしょうね。

    158
  • 匿名さん 通報

    そういえば、朝日新聞だけが新潮掲示物への落書きを記事にしてたね。それも器物破損という罪を問うわけでなく、まるで新潮が悪いので落書きされたかのような論調だったわ。もしやKY再びか?

    130
  • 匿名さん 通報

    週間新潮、文春、現代、ポストなどなど、ぜーんぶ休刊じゃなく、廃刊にすべきじゃね?みんな根拠レスの馬鹿記事ばっかりじゃね?

    129
  • 匿名さん 通報

    これは一種の言論弾圧では?擁護も反対も、その論拠がどうであれ並立する議論の場が提供されることが健全な言論の場ではないですか?

    114
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!