5

中田敦彦がレギュラーを次々と降板、ウラにある“干され疑惑”を本人に直撃!

2018年10月10日 05時00分
週刊女性の直撃を受ける中田敦彦

「今年3月に『ビビット』(TBS系)、9月には『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)と、次々と番組から卒業。これは、あの事件で干されたんじゃないかというウワサで持ち切りですよ」(スポーツ紙記者)



 “武勇伝”や“パーフェクトヒューマン”など、沈んでは何度もはい上がってきたお笑いコンビのオリエンタルラジオ。その勢いを牽引してきたのが、“あっちゃん”こと中田敦彦だ。



「相方の藤森慎吾さんの“チャラ男”キャラを確立させたのも彼のアドバイスだと言われています。藤森さんはブレイクのきっかけを作ってくれた中田さんに感謝していますが、最近はふたりの間にはすきま風が吹いているようですよ」(ワイドショー関係者)



■社内は大騒動に

 '07年には生放送中のラジオで取っ組み合いのケンカをし7分間、放送を中断させたことも。当時は若気の至りですんだが、今回は事情が事情だけに、深刻だという。



「'17年2月に脳科学者の茂木健一郎氏とダウンタウン松本人志さんが“笑い”で衝突し、茂木氏が生放送で松本さんに謝罪したんです。



 それに対し中田さんは4月のブログで、茂木さん支持であることを表明したうえで、 《大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました》と、名前は出さないものの、松本さんのことを批判したのです」(前出・スポーツ紙記者)



 吉本興業内では“絶対的地位”にあり、同じ事務所の大先輩にケンカを売ったことで、社内は大騒動になった。



「中田さんは昨年5月のラジオで“幹部と社長に、今僕は『謝れ』と言われている”と明かしました。でも、彼はガンとして謝罪を拒否し続けたそうです。そんな頑なな態度に藤森さんは、“なにやってくれてるんだ”という気持ちでしょう。相方と違い、彼はすぐに松本さんへ謝りに行ったそうですよ」(構成作家)



 そんなことがあったせいか、長くやってきた2本のレギュラー番組からの卒業は、何らかの圧力で“干された”という印象を持たれたのだろう。



「松本さんが直接言うことはないでしょうが、周りのスタッフなどが忖度する可能性は十分あるでしょう。



 中田さんはお笑い芸人としてだけでなく、音楽やファッションのプロデュース業にも力を入れていることをブログやラジオで明かしています。となれば、芸人として活躍したい藤森さんとは方向性の違いが決定的で、コンビ解散もあるかも」(芸能レポーター)



 そこで、生放送のラジオに出演前の中田に話を聞いた。



─オリラジ解散という話も出ているようですが?



「全然、全然」



─プロデュース業のほうに専念するつもりですか?



「専念でなく、両方しますよ」



─番組卒業が続いたのは、松本さんの一件で干されたわけじゃないと?



「干されたってことじゃない。仕事を整理したんです」



ブログで藤森さんがRADIOFISHの活動を負担に感じていることを明かしていますが、これはコンビ不仲が原因なのでは?



「(笑顔で)また取材をしに来てください」



 お笑いだけでなく、音楽やファッションもプロデュースする中田。彼にはどんな未来が見えているのだろうか─。



「中田敦彦がレギュラーを次々と降板、ウラにある“干され疑惑”を本人に直撃!」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    天狗になって誰でも見下すようになったからだ。土田もその傾向がある。

    66
  • 匿名さん 通報

    上田も偉そう。

    66
  • 匿名さん 通報

    茂木も頭のおかしい脳科学者。精神疾患の精神科医香山と同類。

    64
  • 匿名さん 通報

    パヨクコメンテーターなら引合いあるよwww

    56
  • 匿名さん 通報

    こうやって干しておいて、次に仕事与えて恩を売ってマスゴミゲイノーパヨク仲間増やしていくんだね。

    49
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!