0

TOKIO・松岡昌宏、ファン歴32年の中山美穂を目の前に「デレデレ」とファン驚愕

2018年10月11日 14時46分

 TOKIOの冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が10月10日に放送され、ゲストに女優・中山美穂が登場。ネット上では、松岡昌宏の挙動に驚く声が上がっている。

 この日、収録前からスタジオをウロウロする松岡が映されるという、いつもにはない展開でスタートした『TOKIOカケル』。ゲストの中山が登場すると、松岡はニヤけた顔を抑えながらも無言で汗を拭い、国分太一から「しゃべれよ、お前!」とツッコまれる一幕も。さらに松岡は、「32年ですよ、ファン歴!」「僕、芸能界入るきっかけが、『中山美穂と結婚するため』」と突然の告白。中山から「嘘でしょ?」「こっちがビックリですよ」と驚かれると、松岡は「ありがとう、みんな」とスタッフに感謝の言葉を口にし、スタジオの笑いを誘っていた。

 冒頭から暴走する松岡だったが、その後も「変わった中継先での歌披露」という話題では、中山のトークに被せて中山に関する知識を語ったり、メンバーから中山の楽曲「50/50」を松岡が楽屋で時折口ずさんでいることを暴露されたりと、大活躍。すると、城島茂の発案により、中山と2人きりでトークをすることに。

 2人で話すにあたり、「どちらかが耐えられなくなったらベルを鳴らす」「中山は松岡を『昌宏』と呼ぶ」とのルールが設けられトークはスタート。「大丈夫でしたか、今日TOKIOは」と無難なところから切り出しつつ、「僕のこと、知ってますか?」と松岡が質問。

「TOKIO・松岡昌宏、ファン歴32年の中山美穂を目の前に「デレデレ」とファン驚愕」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!