5

『まんぷく』を見て思った、外見重視の世の中で「安藤サクラ」がもたらすもの

2018年10月11日 05時00分

 テレビを見ていて「ん? 今、なんかモヤモヤした……」と思うことはないだろうか。“ながら見”してたら流せてしまうが、ふとその部分だけを引っ張り出してみると、女に対してものすごく無神経な言動だったり、「これはいかがなものか!」と思うことだったり。あるいは「気にするべきはそこじゃないよね~」とツッコミを入れたくなるような案件も。これを、Jアラートならぬ「オンナアラート」と呼ぶことにする。(コラムニスト・吉田潮



NHK連続テレビ小説『まんぷく』主な出演者発表会見(2018年3月23日)

 



オンナアラート #20 NHKドラマ『まんぷく』

 全力で空中分解し続けて、全国にいい意味での困惑と、炎上をもたらした朝ドラが終わった。



 安心して視聴できる朝ドラが帰ってきた、と言う声もちらほら。



 安藤サクラ主演のNHK連続テレビ小説『まんぷく』である。まだ始まって間もないけれど、オンナアラート案件として早々に俎上(そじょう)に載せよう。



■そうでない人はそれなりに

 美人で優秀、三歩下がって男についていくタイプの姉(内田有紀)、貧乏画家(要潤)と勝手に結婚し、ポコポコと子を産んだ、これまた美人の姉(松下奈緒)、何かにつけては「武士の娘」と豪語する、昔美しかったであろう母(松坂慶子)。



 主人公の安藤は、ひとりだけ、なんというか、そうではない部類に。そのわりにノーコンプレックス。



 美人の姉や優秀な姉、才能のある姉がいると、常に比べられる妹は、普通、よれてねじれる。

「『まんぷく』を見て思った、外見重視の世の中で「安藤サクラ」がもたらすもの」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    09:57 どブスだよ。

    17
  • 匿名さん 通報

    韓国人の整形してない顔

    12
  • 匿名さん 通報

    オンナアラート?くだらねー。安藤サクラはブスじゃねーよ。

    8
  • 匿名さん 通報

    昭和初期・大正時代の日本人顔ですな。

    5
  • 匿名さん 通報

    週刊女性PRIME記者さん、柄本ファミリーを敵に回しましたね、社長は柄本家の玄関先で土下座してますよ

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!