0

『下町ロケット』×中小企業庁がコラボ 新聞全面広告が掲載

2018年10月12日 06時00分

阿部寛主演『下町ロケット』と中小企業省とコラボレーション (C)TBS

[拡大写真]

 俳優・阿部寛が主演する14日スタートのTBS系日曜劇場『下町ロケット』(毎週日曜 後9:00)と中小企業庁のコラボレーションが決定した。阿部扮する主人公・佃航平が登場するビジュアルが新聞の全面広告として各紙に掲載される。

 同ドラマは15年の10月期に放送し好評を博した『下町ロケット』の新シリーズ。第145回直木賞を受賞した池井戸潤氏の小説『下町ロケット』シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』(小学館)を原作に佃航平が率いる佃製作所メンバーの新たな戦いが始まる。

 大企業やライバル企業との厳しい闘いに夢を持って立ち向かう、佃製作所社長・航平の姿が、日々トラブルや困難に直面する全国の中小企業をサポートする中小企業庁の取り組みにぴったりであると判断され、このたびコラボレーションが実現。

 凛々しい表情の航平の姿が描かれたこのコラボビジュアルは12日の読売新聞・日本経済新聞の各朝刊に掲載されるほか、今後も各全国紙や、全国の商工会議所・全国中小企業団体中央会・全国商工会連合会等へポスターが掲出されるなど、様々な展開が行われる予定となっている。

「『下町ロケット』×中小企業庁がコラボ 新聞全面広告が掲載」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!