1

日本では知名度すら低いけど……アメリカで面白いと大ヒットしているドラマ5選

2018年10月13日 19時00分

 一度ハマると寝る時間も惜しんで見てしまう海外ドラマ。『24 -TWENTY FOUR-』や『ウォーキング・デッド』は海外ドラマに親しみのない層にまで人気が飛び火し、爆発的なヒットとなった。一方で、本国では大ヒットしたのに日本では不発となっている作品は少なくない。

 「アメリカ人の4人に1人が見た」「最終話の視聴者数は7,630万人」という1990年代の大ヒットコメディ『となりのサインフェルド』は、登場人物たちの外見がイマイチな上に時事ネタが多かったからか、日本ではまったくヒットせず。80年代に絶大なる人気を博した伝説的コメディ『チアーズ』は、アメリカでは最終話視聴者数が8,050万人と驚異的な数字をマークしたが、こちらも日本ではヒットしなかった。日本では『フルハウス』のような“かわいいブロンドヘアの子どもたち”が繰り広げるハートフルコメディや、『ビバリーヒルズ高校/青春白書』のような美男美女の青春物語、『ER 緊急救命室』のようなリアリティのある医療ドラマ、『24』や『クリミナル・マインド』のようなサスペンス/犯罪ドラマがヒットする傾向にあるよう。

 今回は、これまで数多い海外ドラマの中から「日本ではブームにならなかったけど、アメリカでは過去10年間で人気の高かった作品」を5作紹介しよう。

■『ブレイキング・バッド』(2008年1月~13年9月)



 一流大学卒で科学者としても有能なのに、運がなく、うだつの上がらない人生を送ってきた高校教師ウォルター・ホワイト。

「日本では知名度すら低いけど……アメリカで面白いと大ヒットしているドラマ5選」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    日本人は超カワイイか超イケメン俳優の出演する番組しか観ないから。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!