0

ピラミッド8,000個が歓迎!表参道LAILA新ショップ、7×7が渋谷に同時オープン

2013年7月26日 18時00分 (2013年8月2日 17時29分 更新)
27日、東京都渋谷区渋谷1-5-11に二つのビンテージセレクトショップがオープンする。フルリニューアルされた昭和期の建築物1階に「セブンバイセブン(7×7)」、2階に「ライラトウキョウ(LAILA TOKIO)」が入居。オープンに先駆け内覧会が開かれた。

7×7はディレクター川上淳也が主にサンフランシスコで買い付けた古着や雑貨が並ぶメンズショップ。「良い服は生地を触った瞬間感じるものがある」と同氏のこだわりアイテムを提案する。一部新品の他、古着に手を加えたアイテムもそろえた。ハリウッドの映画衣装で使われていたディッキーズのパンツはセンタープレスをずらさないよう岡山のジーンズ工場でシルエットを再構築。英国軍の迷彩ジャケットは更に古着加工を施している。また、販売される服達にはショップのブランドタグステッチされている。

「簡単にビンテージ、古着と言いたくないものを集めている。アイテムの価値を異なる尺度で提案していきたい。そのため7×7のタグを付けている。良い服は常に良い。コレクションとシーズンで固めちゃうのはつまんないと思う」と川上氏。

2階のライラトウキョウは、ディレクター・ハシウラ(hashiura)手掛ける表参道のビンテージショップ「ライラヴィンテージ(LAILA VINTAGE)」の新店。内装をデザインしたアーティスト・デザイナーの木村浩一郎氏が「思い切ったことをやった。遊びの空気感を出せた」と語るショップ空間は、天井・壁面に木村のシグニチャーモチーフ・ピラミッド8,000個が並び、フロアは光り床と7×7とは対照的なテイストに仕上げられた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!