0

ジュエリーが着想源、ギャスパー・ユルケヴィッチの新作ドレスがドーバー銀座に登場

2017年11月22日 18時00分 (2017年11月25日 18時53分 更新)

 「ドーバー ストリート マーケット ギンザ(Dover Street Market Ginza)」が、ファッションデザイナーのギャスパ ー・ユルケヴィッチ(Gaspard Yurkievich)が手掛けた新作ドレスの取り扱いをスタートした。2018年1月11日までの期間限定展開。




ギャスパー・ユルケヴィッチの新作ドレスが登場の拡大画像を見る

 ギャスパー・ユルケヴィッチは1997年にイエール国際ファッションフェスティバルで優勝。以後パフォーマンスやライブ音楽、アート作品などを頻繁に用いた個性的で特徴的なショーを発表している。


 新作ドレスはユルケヴィッチと親密な関係を築いているハイジュエリーメゾン「ヴァン クリーフ&アーペル(Van Cleef&Arpels)」の新作「ヴィンテージ アルハンブラ」からインスピレーションを得ており、単独での着用だけでなく、重ねて着用し透け感を楽しむことができる。ドレスはブラックとホワイトの2色で制作されており、計3点をラインナップ。ジュエリーのヴィンテージ アルハンブラも展開する。


 ビジュアルは、フランス人写真家のヴァレリー・ベランが撮影。ドレスの多層的な重なりの効果を引き立たせるために2種類のイメージをポジとネガで表現し、鏡のようにレイアウトしたモノクロのビジュアルに仕上げている。



■コラボレーション展開期間期間:2017年11月22日(水)~2018年1月11日(木)場所:ドーバー ストリート マーケット ギンザ

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!