0

北欧デザイナー20人が茶道具をデザインした展覧会が六本木で開催

2018年9月20日 13時33分

うつわで乾杯!:FIKAを楽しむ北欧デザイナー20人の茶道具 Image by: アンドフィーカ

[拡大写真]

 スウェーデン大使館で、展覧会「SKAL(スコール)―うつわで乾杯!:FIKAを楽しむ北欧デザイナー20人の茶道具」が開催される。会期は10月3日から6日まで。 【画像をもっと見る】

 同展は、アンドフィーカとスウェーデンスタイルが2013年2月に開始したデザイン事業「Scandinavian Pattern Collection」の文化交流イベント第4弾で、今年迎える日本とスウェーデンの外交関係樹立150周年を記念して両社とアルコデザインの3社が企画。日本の「わび・さび」の心が北欧のミニマルな暮らし方に共通すると捉え、茶の湯で使われる茶道具にフォーカスした内容で展開する。メインヴィジュアルは、スウェーデンのイラストレーター兼Scandinavian Pattern Collectionの所属デザイナーのティナ・バックマンが担当。タイトルに使用されている「スコール(SKAL)」という言葉は、スウェーデン語で器と乾杯の2つの意味を持つことから採用された。

 展示作品では、Scandinavian Pattern Collectionの所属デザイナーがそれぞれ抹茶茶碗や懐紙、扇子のコーディネートをデザイン。抹茶茶碗は京都の陶芸家 松井利夫が原型を、小坂大毅が手ロクロで仕上げ、焼き上げた素焼きは磁器食器を提供してきた長崎・波佐見に運搬し、産地の窯元4社の協力によりすべて手作業で絵付けされた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「北欧デザイナー20人が茶道具をデザインした展覧会が六本木で開催」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!