0

EP5の騒動から数ヶ月、これからの『PSO2』はどうなる?酒井P&濱﨑Dインタビュー

2017年12月14日 21時00分
2017年の7月で5周年を迎えた『ファンタシースターオンライン2(以下、PSO2)』。それに合わせて、『PSO2』初の“中世ファンタジー”をテーマにしたエピソード5が配信。バスタークエストや新クラス「ヒーロー」が実装されました。

しかし、エピソード5配信後、不具合の多さやバランス調整への不満からユーザーの批判が集中。かつて無いほどの騒動になってしまいました。その騒動から約4ヶ月、インサイド編集部は本シリーズのシリーズプロデューサーを務める酒井智史氏と「EPISODE5」ディレクターの濱﨑大輝氏を直撃。『PSO2』の“今”と“今後”はどのようになっているのかを伺いました。

また、あわせてTGSで発表された新レイドボス“エリュトロン・ドラゴン”や「幻惑の森」などの新コンテンツや、今年の総括などについてもお聞きしました。

◆エピソード5について

──2017年夏にエピソード5がリリースされ、ユーザーからは様々な意見がでました。それからしばらく経ちますが、現在の『PSO2』の状況はどのようになっていますか。

酒井氏:エピソード5はコンテンツがこれまでのアップデートとは異なっていたこともあり、新システムで不具合が多発してしまったり、上級クラスが1強状態になってしまったことで通常クラスのユーザーがプレイしづらい状況になるなど、申し訳なかったと思っています。現状はユーザーの信頼回復に尽力しながら、方針を変更しアップデートを進めているという段階です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「EP5の騒動から数ヶ月、これからの『PSO2』はどうなる?酒井P&濱﨑Dインタビュー」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!