0

なぜ『イースVIII』スイッチ版は日本一ソフトウェア販売なのか?―新川氏・近藤氏の両社長が対談

2018年1月12日 12時30分 (2018年1月19日 12時30分 更新)
先日公開された「Nintendo Direct mini 2018.1.11」にてニンテンドースイッチ向けアクションRPG『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』が発表されました。本作は、日本ファルコムが手掛ける『イース』シリーズ第8作目。すでに同社によってPS4/PS Vita版が展開されていましたが、本作では、PC版(NIS Americaが販売)に続いて日本一ソフトウェアがパブリッシングする事になりました。

その理由が日本ファルコム社長の近藤季洋氏と日本一ソフトウェア社長の新川宗平氏の対談によって明かされています。

それによると、両氏は歳が近く、新卒で入社して、ゲームのシナリオを自分で書いて、上場会社の社長に就任するなどの共通点が多かったため、PCゲームメーカーが集まる忘年会で出会った後、交流を深めていったとのこと。

そして、新川氏曰く「ファルコムさんには新作を作るのに集中して頂きたい」という理由で、日本一ソフトウェアが海外展開や移植などを行う事になったそうです。この対談では、その話の詳細のほかにも、『イース』シリーズの楽しみ方や、長年『イース』シリーズを楽しんでいるファンへのメッセージなどが綴られているので、興味のある読者は下記のURLからどうぞ。

日本ファルコム 近藤社長×日本一ソフトウェア 新川社長
両社長が語る、Nintendo Switch版『イースVIII』への道

http://nippon1.jp/news/new_title_interview/
ニンテンドースイッチ向けアクションRPG『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』を2018年夏に発売します。

※記事掲載当初、PC版『イースVIII -Lacrimosa of DANA』のパブリッシングを日本ファルコムが行っていると誤った情報を記載していました。PC版のパブリッシングは、日本一ソフトウェア(NIS America)が行っているのが正しい情報です。読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!