0

「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく

2018年2月22日 19時00分
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、日経BP社の共催のもと、「東京ゲームショウ2018」を、2018年9月20日(木)~2018年9月23(日)の4日間、幕張メッセにて開催することを決定しました、今回は、開催発表会の模様をレポートします。

TGS2018の開催発表会では、まずCESA会長である岡村 秀樹氏が登壇。2018年で28回目を迎えたTGSについて、「日本が世界のゲーム文化の情報発信における中心として、新しいチャレンジを行いながら話題作りをしていきたい」と述べました。e-Sports関連では、JeSUと連携してe-Sportsの特設プログラムを強化するとコメント。「e-Sports産業・選手の育成という意味でもTGSの意義が強化され、新たな発信リソース提供の場になると期待している」と伝えました。

続いて、日経BP社 代表取締役社長である新実 傑氏が登壇しました。海外出展者数が国内を上回る国際色豊かなイベントになりつつあるTGSのグローバル戦略について、今年はe-Sports関連で海外からの出展を増やすため、マカオ・香港・シンガポールを訪問予定とのこと。また、メディアグループとしての知見を生かし、情報の提供拡散に注力していきたいと述べました。

東京ゲームショウ2017結果報告は、日経BP社 東京ゲームショウ事務局の船本 泰弘氏が行いました。まず、TGS2017では、e-Sportsが大きな注目を集めたこと、動画配信が拡大し中国向けの配信をスタートしたこと、ビジネスデイの海外来場者数が過去最多になったことを伝えました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「TGS 2018」開催発表会レポート―開催は9月20日から、e-Sportsや動画配信を強化していく」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!