1

ジャンボ尾崎、2度目の偉業にシニアの名手からも称賛の声

2017年10月7日 07時18分 (2017年10月23日 07時09分 更新)
<日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 2日目◇6日◇サミットゴルフクラブ(6,984ヤード・パー72)>
国内男子ツアー「HONMA TOURWORLD CUP」で70歳のジャンボ尾崎が、3バーディ・2ボギーの“70”をマーク。2013年の「つるやオープン」2日目以来、自身2度目のエージシュートを達成した。

今大会の会場でも、この話題でもちきり。直近では9月の「コマツオープン」でエージシュートを達成しているのが68歳の海老原清治で、2002年には欧州シニアツアーの賞金王に輝いた名手だが、「すごいよね、コースセッティングが(シニアとは)違うから。さすがジャンボ」と手放しに称賛。レギュラーにこだわって戦い続けるジャンボに、「体も厳しいだろうけど、いつまでも頑張ってほしいよね」とエールを送っていた。
また、この日4位で大会を折り返した57歳の加瀬秀樹は、「ゴルフに対する執念、スコアに対する執念がすごい」と、ひと回り以上年上のレジェンドの偉業に感服。「素晴らしいのひと言ですね」と、こちらもビックリだった。

ジャンボ尾崎、人生2度目のエージシュート達成!「男子ツアーに明るい話題を提供できてよかった」
大会2日目のリーダーボード
青木功のハワイアンOPばり!? 海老原清治が起死回生の18番イーグルでV! 日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権
弱気か煙幕か? 海老原清治「どうせ倉本には勝てやしないだろうけどね」
石川遼の弟・航がプロトーナメントで初の予選通過!

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    だれ? ジャンボじゃないですよね!!

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!