0

<中間速報>逆転賞金王へ!宮里優作が6打差独走

2017年12月3日 12時14分 (2017年12月19日 00時49分 更新)
<ゴルフ日本シリーズJTカップ 最終日◇3日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
国内男子ツアーの最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の最終ラウンド。全選手が前半の競技を終え、7アンダー首位タイから出た宮里優作は、4バーディ・1イーグルでスコアを6つ伸ばし、トータル13アンダーでトップを独走している。
【関連】涙ぐみながら想いを語る宮里優作
6打差2位にH・W・リュー(韓国)、7打差3位タイに稲森佑貴、スンス・ハン(米国)、ショーン・ノリス(南アフリカ)が追走。また、賞金ランク首位の小平智は15ホールを消化し、トータル5オーバー22位タイとしている。
今大会で宮里が優勝を果たせば、小平の順位にかかわらず、自身初の賞金王戴冠となる。


国内男子賞金ランキング
2013年覇者の宮里優作 逆転賞金王へ「前回の自分を越えていく」
今年の女子ツアーNO1はこの人
宮里優作、72ホールノーボギーで完全V達成!亡き義父に捧げる今季3勝目
松山英樹、タイガー・ウッズが出場 ヒーロー・ワールド・チャレンジのリーダーボード

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!