0

松山英樹は20位にダウン B・スネデカーがトップ50入り【男子世界ランキング】

2018年8月20日 19時02分
8月19日付けの男子世界ランキングが発表され、先週に行われた米国男子ツアー「ウィンダム選手権」で2年ぶりのツアー9勝目を挙げたブラント・スネデカー(米国)が、38ランクアップとなる世界50位に急浮上を果たしている。

同大会を11位タイで終えた松山英樹は、4ランクダウンの20位。予選落ちを喫した小平智は前週の38位から40位に後退した。小平に次ぐ日本勢3番手は83位の宮里優作。4番手からは池田勇太(100位)、時松隆光(109位)、今平周吾(113位)と続いている。
世界ランク1位はダスティン・ジョンソン(米国)がキープ。2位からはブルックス・ケプカ、ジャスティン・トーマス(ともに米国)、ジャスティン・ローズ(イングランド)、ジョン・ラーム(スペイン)とトップ5の顔ぶれに変化はなかった。
【男子世界ランキング】
1位:ダスティン・ジョンソン(10.29pt)
2位:ブルックス・ケプカ(10.07pt)
3位:ジャスティン・トーマス(9.52pt)
4位:ジャスティン・ローズ (8.72pt)
5位:ジョン・ラーム(7.71pt)
6位:フランチェスコ・モリナリ(7.50pt)
7位:ローリー・マキロイ(7.02pt)
8位:ジョーダン・スピース(6.77pt)
9位:リッキー・ファウラー(6.59pt)
10位:ジェイソン・デイ(6.35pt)
20位:松山英樹(4.38pt)
26位:タイガー・ウッズ(3.87pt)
40位:小平智(2.79pt)
50位:ブラント・スネデカー(2.40pt)
83位:宮里優作(1.79pt)
100位:池田勇太(1.50pt)
109位:時松隆光(1.37pt)
249位:石川遼(0.69pt)


【関連ニュース】
■ウィンダム選手権 最終結果
■松山英樹 2018シーズン成績一覧
■松山英樹は76位でプレーオフへ S・ガルシアは初めて切符逃す
■松山英樹が結婚の発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学”
■米国女子ツアー「インディ・ウィメン・イン・テック選手権」最終結果

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「松山英樹は20位にダウン B・スネデカーがトップ50入り【男子世界ランキング】」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!