0

戦後日本で「糖尿病」や「生活習慣病」が増えたのは本当に「食の欧米化」が原因か?

2017年10月6日 08時00分 (2017年10月16日 07時47分 更新)

食の「普通の欧米化」で生活習慣病を減らす(depositphotos.com)

[拡大写真]

 「2型糖尿病や肥満を改善するのには糖質制限すべきだ」と言うと、次のような反論があります。

 「日本人は神代の時代から白米を食べて来たのだから、必ずご飯を食べるべきである。日本で糖尿病が増えたのは、第二次大戦後であり、食の欧米化が原因だから、和食に戻すべきである」

 さて、本当にそうなのでしょうか? そもそも「食の欧米化」って栄養面から見たらどのようなことを指しているのでしょうか?

動物由来のたんぱく質と脂質の摂取増加で日本人の平均寿命は延びた

 日本人の平均寿命は現在、世界でもトップクラスです。これ、実は第二次大戦後しばらくしてから劇的に伸びたのであり、戦前の日本人の平均寿命は60歳程度でした。その頃の欧米に比べれば15年から20年は短かったのです。結核や感染症での死亡者の数はかなり多い国でした(参考:主要先進国における平均寿命の推移)。

 これが1965年ころには男女ともに欧米などの先進国の仲間入りをします。医療の進歩もありましたが、それだけではなく、大きな変化をもたらす要因があったはずです。なんだったのでしょう?

 第二次大戦後、戦争で疲弊した日本人は必死で食料を作り食べました。それまでの米や魚だけでなく、アメリカの統治下で欧米式に肉や乳製品をたくさん食べる習慣も身につき、様々な食材を食べるようになりました。戦後の日本人の動物性のたんぱく質や脂質摂取量は一気に増えたのです。

 食生活の変化で栄養状態が良くなり、免疫力がアップ、感染症などに強くなったことが平均寿命の延びに大きく貢献していると考えられています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!