0

戦後日本で「糖尿病」や「生活習慣病」が増えたのは本当に「食の欧米化」が原因か?

2017年10月6日 08時00分 (2017年10月16日 07時47分 更新)

食の「普通の欧米化」で生活習慣病を減らす(depositphotos.com)

[拡大写真]

それは自動車や電化製品を取り揃えて、主婦も家事にかける時間が短くなり、みんなでソファーに腰かけてテレビを見ながらスナック菓子を食べ、ジュースを飲む生活です。

 そう、生活におけるエネルギー消費量が減り、間食での糖質摂取量が激増しています。たとえば、アメリカの子供たちの1970年代と2010年代を比較すると、1日の間食の回数は平均3回から6回に増え、摂取カロリーも570kcal増えているというのです。

 これ、日本でも1980年代から言えることではないでしょうか? エアコンがほとんどの家庭に普及して体温調節でエネルギーを使わなくなり、さらにはテレビの前でごろごろするカウチポテト族なんて言葉が出てきたのが1980年代です。

 のべつまくなしに食べるスナック菓子の習慣が、のべつまくなしのインスリンの放出を招き、太るだけでなくインスリンの抵抗性も上げているのです。肥満を増やし糖尿病を増やす「食の欧米化」という名の「間食(主に糖質)」の増加。悪い欧米化ですね。

「良い欧米化」「悪い欧米化」ではなく「普通の欧米化」に 期待を込めて

 さて、「良い欧米化」「悪い欧米化」とくれば、「普通の欧米化」があるのかどうか気になりませんか? 食の世界に「普通の欧米化」って言葉がもしもあるとすれば、多様性を認めるということではないでしょうか?

 糖質制限をひたすら否定して「お米は悪くない」と主張するのではなく、さまざまな食餌療法によって糖尿病をはじめとする生活習慣病を回避するのです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!