0

障害児の母親が安心して子どもを預けて仕事ができる複合施設「おやこ基地シブヤ」開園

2017年10月7日 13時00分 (2017年10月20日 07時47分 更新)

障害児の母親のための新しい複合施設「おやこ基地シブヤ」

[拡大写真]

 「障害のある子ども」を持つ母親の常勤雇用率はわずか5%。健常児の母親の常勤雇用率34%の、約7分の1しかない──。

 これは、病児保育や障害保育を手がける認定NPO法人フローレンスが調べたデータにより浮かび上がった、いまの日本の現実だ。

 この5%のなかには自閉症やダウン症の子の母親も含まれており、呼吸器や経管栄養といった医療的ケアを必要とするケースでは、母親の常勤雇用率はさらに少ないものと思われる。
 
 どうして、医療的ケアを必要とする子の母親は、そこまで仕事をすることができないのか? それは、一般の保育園に入ろうとしても受け入れを拒まれてしまうからに他ならない。

 気管切開があったり、鼻からチューブが入っている子には看護師のケアが必要で、保育園では対応しきれないとして入園を断られてしまうのだ。

 結果として、共働き家庭でも片方が仕事をやめざるを得なくなる。会社を辞めるのはほとんどの場合、母親の側。それからは24時間365日、常に母親は児童のそばにいなければならなくなる。一息つけるのは、たまに訪問看護師が訪れてくれるときだけ。

 だが、私たちの社会は、そのように障害を持つ子の母親が自分の生活を犠牲にして子どもの面倒を見ることを、「母親なのだから仕方ない」あるいは「当然だ」と見てしまってはいなかっただろうか──。

障害児も健常児も共に育つ施設「おやこ基地シブヤ」

 10月2日、東京都渋谷区初台に、病児保育や障害児保育と健常児の保育を一体化したフラッグシップ施設「おやこ基地シブヤ」が開園した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!