0

生きたサンゴを家として持ち運ぶ新種のヤドカリ - 京大が奄美で発見

2017年10月6日 15時10分 (2017年10月6日 18時00分 更新)
京都大学(京大)は10月6日、生きたサンゴを家として持ち運ぶ新種のヤドカリを調査し、「スツボサンゴツノヤドカリ」と命名したことを発表した。

同成果は、京都大学大学院人間・環境学研究科の修士課程 井川桃子氏(研究当時)、加藤真 教授らの研究グループによるもので、9月20日付の国際科学誌「PLOS ONE」に掲載された。

砂泥底を自由に動きまわって生活する単体サンゴであるムシノスチョウジガイやスツボサンゴの内部には渦巻形の空洞があり、そこには通常、環形動物のホシムシが棲み込んでいる。サンゴがホシムシの棲み家となってホシムシを守る一方で、ホシムシはサンゴを引きずって移動し、砂泥中へ沈むのを防ぐという共生関係があることが知られているが、これまで共生者がまったく別の生物に置き換わる事例は知られていなかった。

今回、同研究グループは、奄美群島加計呂麻島で採集された生きたサンゴにおいて、ホシムシではなく新種のヤドカリが棲み込んでいることを発見。同ヤドカリの形態や行動を観察し、サンゴとの共生関係における同ヤドカリの役割や特徴を調べたところ、ツノヤドカリ属の新種であることがわかったため、「スツボサンゴツノヤドカリ(Diogenes heteropsammicola)と名付け、新種として記載した。

また同ヤドカリにおいては、ホシムシと同様にサンゴを牽引し、転倒や砂泥中への埋没からサンゴを救出している様子が確認されている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!