0

インダストリー4.0を見据えた新型の電動式射出成型機を発売 - 東芝機械

2017年10月23日 19時28分 (2017年10月24日 09時10分 更新)
東芝機械は、電動式射出成形機ECシリーズの最新機種として、インダストリー4.0への対応を見据えて各種機能を強化した「EC - SXIIIシリーズ」を開発したことを発表した。

同シリーズは、軽量化成形、多材・多色成形などの成形技術を最適化したほか、大型機種(650t以上)の型開閉速度の向上と金型交換に要する時間短縮を図り、段取時間と生産サイクルの短縮を可能とし、高生産性を実現した。さらに、型締力UP仕様(オプション)も用意している。

また、射出成形機と周辺機器の接続機能を充実させ、成形機から機能の一元設定を可能とした。成形条件と周辺機器設定を一括管理することで、設定ミスの防止と省人化に貢献する。さらに、視認性と操作性、設定自由度を向上させた新型コントローラを開発したほか、操作パネルを、19型の抵抗膜式タッチパネルを採用した上下2段画面構成とするなど、使いやすさの向上も図ったという。

同製品は、10月24日~28日まで幕張メッセで開催されている「IPF Japan 2017」に出展する予定だとしている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!