0

知識共有プラットフォーム「Quora(クォーラ)」、日本語でのサービスを開始

2017年11月15日 08時00分 (2017年11月21日 08時00分 更新)
 Quoraが日本語でのサービス提供を開始した。同サービスは、2009年にFacebookの元CTOアダム・ディアンジェロ氏が創業した知識共有プラットフォーム。6言語で展開され、ユニークビジター数が月間2億人を超えている。

 アメリカ大手知識共有プラットフォームを運営するQuora(クォーラ)が日本語でのサービスを開始した。

 世界中にある知識のうち、一般の人がオンラインでアクセスできるものは、ごく一部だという問題に向き合うため、Quoraはあらゆる知識を共有できるプラットフォームを構築し、世界中の知識を共有し、広め深めるという使命を持ってサービスを提供してきた。

 2010年に英語版のサービスを開始して以来、Quoraは月間ユニークビジター数が2億人を超えるまでに成長。ビジターの半数以上がアメリカ以外の国の人々となっている。

 各分野の第一人者や専門家、たとえば米国政治家バラク・オバマ氏、米国政治家ヒラリー・クリントン氏、米国女性活動家グロリア・スタイネム氏、Facebook COOシェリル・サンドバーグ氏、Wikipedia創設者のジミー・ウェールズ氏、片づけコンサルタント近藤麻理恵氏などもQuoraを利用しており、人々の質問に数多く回答している。

 Quoraの共同創業者兼CEOアダム・ディアンジェロ氏はFacebookの初代最高技術責任者(CTO)を務めた後、2009年にQuoraを設立した。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!