1

大学生のキャリアメール離れ加速 連絡手段はLINEやTwitterがメイン【東京工科大学調査】

2018年5月17日 11時30分

現在利用しているSNS(全体/複数回答)

[拡大写真]

 東京工科大学では、2018年度の新入生1,735名を対象に、コミュニケーションツールの利用状況などに関するアンケート調査を実施。結果を発表した。この調査は2014年から実施しており、今回で5回目。

●Instagramは2桁増、Facebookは減少傾向

 SNS利用率では、「LINE」が3年連続でほぼ全員、「Twitter」が同8割以上を維持している。「Instagram」は、女子で前年比13.6ポイント増70.0%、男子で同12.3ポイント増33.2%、全体でも4年前の約3倍となる46.6%となり、拡大傾向が続いている。「SNOW」は女子が男子の約4倍となる6割弱(57.0%)が利用。「Facebook」は同4.4ポイント減11.8%で、減少傾向が続いている。
現在利用しているSNS(全体/複数回答) 現在利用しているSNSや動画サイト・チャンネル(男女別/複数回答)

●携帯キャリアメール利用は4年前の3分の1以下に

 友人との連絡手段は、「LINE」が3年連続でほぼ全員、「Twitterのメッセージ」が同4割強となり、利用率と同様に定着化の傾向がみられる。一方、 「携帯電話のメール」は前年比6.2ポイント減20.6%で4年前の3分の1以下、「ショートメール」は前年比1.3ポイント減15.3%で、引き続き減少傾向。SNSへの集約が進んでいる傾向がみられる
普段、友人とのメッセージのやり取りで利用している連絡方法(全体/複数回答)

●情報源はテレビに次いでTwitterとLINE

 世の中の動きについて情報を得ているメディアは、 「テレビ」が最も高く82.4%。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「大学生のキャリアメール離れ加速 連絡手段はLINEやTwitterがメイン【東京工科大学調査】」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    穿った見方をすると右へならえって言うか没個性と見えなくもないな。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!