0

「下げ止め式レバー蛇口統一のきっかけは阪神大震災」は、ほぼ「都市伝説」

2011年1月17日 13時00分

ある Anonymous Coward 曰く、

「水道の蛇口で、レバーを上げると水が止まるタイプと、下げると止まるタイプの両方があるが、阪神大震災をきっかけに下げると止まるタイプに統一された」という話を皆様は聞いたことがあるだろうか。asahi.com の記事では、これが事実なのか「都市伝説」なのかを調査している。

蛇口の正式名称は「シングル湯水混合水栓」といい、日本バルブ工業会によるとこの水栓は欧米生まれ。1970 年代半ばから国内でも普及した当初は国内では「上げ止め」が製造された。しかし 1980 年代初めに米国の大手水栓メーカーが「下げ止め」に変更、国内でも「下げ止め」のメーカーが現れ、混在するようになった。1990 年代初めに規格統一に向けた議論が業界内で始まったものの、結論が出なかった。

そして 1995 年 1 月の阪神大震災で、物が落ちてレバーを押し下げ、水が出たままになった例があったそうだ。これが「震災きっかけ説」の根拠となった。1996 年には JIS 規格化の対象になり、経産省の日本工業標準調査会が 1997 年に、2000 年 3 月末での「上げ止め式」の廃止を決めた。バルブ工業会によると、理由は欧米で「下げ止め式」が圧倒的に普及していることに合わせたためだそうだ。ただ、震災での事例を踏まえて、「下げ止めの方が (非常時に) 安全ではないか」との意見もあったそうなので、完全な「都市伝説」でもないようだ。

恥ずかしながらたれこみ子はこれまですっかり信じていたのだが、/.J の皆様は信じていただろうか ? 他にも信じていた、また恥をかいた「都市伝説」はあるだろうか ?

スラッシュドットのコメントを読む | スラッシュドットにコメントを書く | 日本

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「下げ止め式レバー蛇口統一のきっかけは阪神大震災」は、ほぼ「都市伝説」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!