0

プロ向けのスチールカメラ・キャノンEOS一眼が動画カメラとしてもHD放送制作用機材の高度な基準に適合

2013年11月19日 08時52分 (2013年12月15日 11時05分 更新)

 世界初のデジタル(スチール)カメラは、1975年末にイーストマン・コダックの開発担当者スティーブ・サッソンが発表したものだった。画像はカセットテープに保存するという形態だった。1970年代は会社のデカイ「オフコン」でもカセットテープでデータをバックアップしていた時代なのだ。


 その後の1988年、富士写真フイルムから初の一般向けデジタルカメラ「FUJIX DS-1P」が発表。が、発売には至らず。1990年、Dycam社が販売した「Dycam Model 1」が一般向けデジタルカメラ第一号だ。1995年、カシオが「QV-10」発売。それは、PCへの画像の取り込み機能の高さや6万5000円という価格で一般に認知されるキッカケとなった。QV-10が発売された2カ月後に、リコーから動画(ビデオ)記録機能が搭載されたDC-1が発売され、デジタル(スチール)カメラに動画機能を付加するという先鞭を付けた。


 その後、デジタル(スチール)カメラの性能は飛躍的に上がり、記録媒体の低廉化も追い風となって、2000年以降にはコンデジの世界でもハイビジョンレベルの動画記録が可能になった。しかし、本格派デジタル一眼レフカメラの世界では、動画撮影まで踏み込んだ製品化はなかなか進まなかった。


 ところが、数年前からキャノンを中心に動画撮影機能を強化したデジタル一眼レフがフルラインアップ。TV番組などでキャノンEOS一眼を使った撮影、番組配信さえも行なわれるようになった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!