0

マイクロン、耐久性大幅アップのSATA SSDを発表

2015年1月7日 13時27分 (2015年1月9日 06時12分 更新)

Crucial BX100 SSD

[拡大写真]

マイクロン、耐久性大幅アップのSATA SSDを発表

Crucial BX100 SSD

マイクロンジャパンは、2つの新たな次世代SSD「Crucial MX200 SSD」「Crucial BX100 SSD」を発表した。

Crucial® MX200は読込、書込速度のスピード性と機能性に優れ、また一般的なクライアントSSDに対し約5倍の耐久性を実現。250GB、500GB、1TBの容量のものをラインアップ。また、市場で類を見ない独自の新技術のダイナミック書込アクセラレーションを搭載。これにより、ファイルの保存や転送をより高速で行えるようになった。

Crucial® BX100はハードディスクドライブに比べ、大きく向上した性能を低価格で提供。120GB、250GB、500GB、1TBの容量をラインアップ。また少ない電力でシステムを長時間使用することができ、エネルギー効率が一般的なハードディスクドライブの2倍となった。また要求の厳しいアプリケーションの高速転送にも瞬時に対応する。Crucial 製品で初めてSilicon Motion製SM2246ENコントローラを搭載。

Crucial社はこの次世代SSD「MX200」「BX100」により、最先端の機能と性能の実現、比類のないSSD体験を提供すると述べた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!