0

高額ソフトの購入、「買い切り」と「月額制」どっちを選ぶ? Office2016のライセンスについて考えてみた(笠原一輝)

2015年10月15日 20時00分
9月29日、日本マイクロソフトは、同社が販売するオフィススィート"Microsoft Office"の最新版となるOffice 2016の発売を開始したことを明らかにした。ところで、既にマイクロソフトは一般消費者向けのOfficeライセンスを、従来からの永続型だけでなく、サブスクリプション型としても提供しているのはご存じだろうか?

月額ないしは年額の課金となるサブスクリプション型は、Microsoftだけでなく、クリエイター向けのツールで圧倒的なシェアを持つAdobeも取り組んでおり、今後は両社ともにサブスクリプション型を中心に展開していきたい意向を持っている。

【ギャラリー】「買い切り」と「月額制」どっちを選ぶ? (9枚)



永続型とサブスクリプション型、最大の違いは課金方法PCソフトウェアの2大メーカーであるMicrosoftとAdobeは、ユーザーに付与するソフトウェアライセンスの形態を、従来までの一括払いの永続型から、月額や年額による期間限定で課金する形のサブスクリプション型への移行を進めている。永続型とサブスクリプションの違いをまとめると、以下のようになる。

2種類の購入方法の違いとは?

最大の違いは、ライセンス料金の支払いだ。永続型は一度支払いをしてしまえば、同じメジャーバージョン(例えばV2.0、V2.1、V2.2...のように)であればその後の支払いはなく半永久的に利用することができる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「高額ソフトの購入、「買い切り」と「月額制」どっちを選ぶ? Office2016のライセンスについて考えてみた(笠原一輝)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!