0

Apple Watch用バッテリーバンド『Reserve Strap』出荷中止。WatchOS 2.0.2で隠しポートが使用不可に

2016年4月21日 05時00分
Apple Watch 用のバッテリー内蔵バンド「Reserve Strap」が、その出荷を中止すると発表しました。「Reserve Strap」はApple Watch のバッテリー持続時間を約30時間も延長すると謳っていました。このバッテリーバンドの特徴はバンド部分にバッテリーを内蔵しつつも装着時にApple Watch が持つ防水性能を維持し、さらに最大で30時間もバッテリーの持続時間を延長可能なところ。Apple Watchは通常の使用なら1日に1回は充電が必要とされます。「Reserve Strap」を使えば、これを2日、うまく行けば3日ぐらいに延ばすことが期待できます。

ところが Reserve Strapはこの4月18日、製品の出荷を取りやめると発表しました。理由は、WatchOS のアップデートにより、充電に利用している隠しポートが使えなくなったため。

動画を見る

Reserve Strap は昨年、独自の調査でこの隠しポートが急速充電をサポートしていることを確認しており、これを利用するオリジナルのバッテリー内蔵バンドを、Apple Watchのバンドデザイン・ガイドラインに「完全に準拠」させて作り上げました。

ただガイドラインには隠しポートの使用についての記載がなく、Reserve Strap は確認を求めたもののアップルはこの部分に関する明確な方針を示しませんでした。伝えられるところでは、アップルは Apple Watch用バンドに関するMFi認証プログラムを開始するまで隠しポートを使用させない意向だとされています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「Apple Watch用バッテリーバンド『Reserve Strap』出荷中止。WatchOS 2.0.2で隠しポートが使用不可に」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!