0

Jailbreak(脱獄)済みiPhoneを販売した男性が商標法違反で逮捕される

2016年9月30日 12時18分 (2016年10月3日 18時20分 更新)
あるAnonymous Coward 曰く、

OS上の制限を解除する、いわゆる「Jailbreak(脱獄)」を行ったiPhoneネットオークションサイトで販売していた男性が商標法違反の疑いで逮捕された(ITmedia)。

脱獄を行うこと自体は現時点の日本の法律では取り締まれないが、改造した端末を「iPhone」として販売することは商標権の侵害となる可能性がある。改造iPhoneの販売で摘発されるのは全国で初めてのようだ。

スラドのコメントを読む | スラドにコメントを書く | アップルセクション | 著作権 | ハードウェアハック | iPhone

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!