0

~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

2017年1月17日 07時59分 (2017年4月23日 10時06分 更新)

一個流し生産の様子。効率的に配置されたミニ設備の内側を、人が動いていくことで工程を進めていく。このレイアウトも担当の職人に任されており、ここは職人にとっての「一国一城」となっている

[その他の写真を見る]

 従業員の側としても、出勤退勤ボタンを操作するという、いわば“単純作業”で済まされるよりも、ずっと人間的なコミュニケーションが出来ていると感じることだろう。それは、従業員のやる気を引き出す。誰だって、企業の中の歯車のように見られるよりも、人として遇される方が、気分よく働けるに違いない。作業の効率化というだけに留まらない設計思想が、BIMMSの中には息づいているのだ。


 現在、武州工業では社内で持っていたシステム用のWebサーバを、AWS(Amazon Web Service)を使って完全クラウドへと移行しようとしている。武州工業自身もAWSへと移行したBIMMSを使うが、このシステムを他の企業にも外販していく考えだという。

「一個流しや、それを実現するミニ製造設備、BIMMSというのはうちだけのノウハウ。財産だから外には教えませんと言ってきたんですが、そういう鎖国をやめて、外に出していくことにしたんです。それがBIMMS on AWSという形に繋がっていきました」

 前回の記事で触れた動作回数カウントのIoTシステムが、一セット5万円程度で実現可能だったのは、BIMMSというバックボーンがすでにあったから。いち企業が単独でIoTシステムを開発することを思えば、BIMMSを利用する方が安上がりで済むのは間違いない。「BIMMSは毎日棚卸しをしているようなもの」という林氏の話からすれば、その部分だけでも使えるようになれば、様々なシーンで商品・在庫管理に役立てられるだろう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!