0

洗わなくていいジューサー「JUISIR」誕生。ってホントに?

2017年1月24日 08時03分 (2017年1月24日 20時00分 更新)


材料は袋に入れてと、なるほどです。

健康のために野菜とか果物を食べなきゃ、と思っていても、皮をむいたり切ったりする手間を考えると、つい手が出なくなってしまいます。あと野菜や果物って、パンとかに比べると食べるのも面倒なんですよね…。ジュースにすれば美味しいし簡単に飲めるんですけど、ジューサーを洗うのがまたひと苦労です。

そこで、洗わなくていいジューサーが誕生しました。その名も「JUISIR」。少なくともプロトタイプはできてるみたいで、現在Kickstarterキャンペーン中です。


動画を見る


でも洗わなくていい調理家電なんて、どうしてできるんでしょうか? それは、野菜や果物をプラスチックの袋に入れて、ジューサー本体には触れさせないからなんです。JUISIRは昔ながらのギュンギュン回るジューサーじゃなくて、最近流行りのコールドプレス方式という圧力でジュースを絞り出すジューサーだから、それが可能なんですね。



使い方は、材料を入れた袋を本体にセットして、90秒待つだけ。その間に袋に8トンの圧力がかかって、野菜や果物の水分がじっくり絞り出されるってわけです。材料を300~350グラム入れると、200~250ミリリットルのジュースができるそうです。

ちなみにこの袋は使い捨て(リサイクル)ですが、それがもったいないと感じる人には、洗って使えるシリコンの袋もあります。ただ、こちらも別売りのコットン製の袋を中にセットして使い、コットンの袋は2~3回しか使えないとされています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!