0

ウコンの主成分であるクルクミンに薬効はないという話

2017年2月1日 16時23分 (2017年2月4日 11時30分 更新)

日本では二日酔いなどに効くと言われているウコン(ターメリック)に薬効は無いのではないかという話が出ている(GIGAZINE)。

指摘されているのは、ウコンに含まれているポリフェノールであるクルクミンには薬効が無い、という話(Journal of Medicinal Chemistry掲載論文)。

そもそもクルクミンについては「ヒトでの有効性・安全性については信頼できるデータは見当たらない」という状況であるが(「健康食品」の素材情報データベース)、論文によると、クルクミンはさまざまな化学反応試験に干渉するを及ぼす可能性があり、その結果実験において実際には薬効が無いにもかかわらず薬効があると判断される可能性があるという。また、二重盲検法などプラシーボ効果を除いた検証でクルクミンの効果が確認された事例はないという。

ただ、今回の論文で指摘されている対象はクルクミンのみで、ウコンのほかの成分についての言及はない。ウコンにはクルクミン以外にもさまざまな成分を含んでいるため、直ちにウコンに薬効がないと判断できるわけではなさそうだ。なお、「ウコンの力」という製品を出しているハウス食品はこれについて、ウコンの全容は解明されておらず、正しいとも間違ってるとも言えないとの見解だそうだ(ロケットニュース24)。

スラドのコメントを読む |スラドにコメントを書く | 医療

関連ストーリー:
血中のアルコールを分解する飲料 Outox、フランスで物議をかもす 2010年06月19日
カレーに使われるスパイス「ターメリック」には記憶力アップの効果アリ 2008年08月21日
ハウス食品が「宇宙食カレー」を開発 2007年03月21日

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!