0

グーグル検索ではヒットしないヤバいサイト…「Deep Web」「Dark Web」とは?

2017年2月26日 06時00分 (2017年3月22日 06時01分 更新)

匿名の通信に対応しており、ハッカーたちに活用されているアプリが「Onion Browser」だ。現在、スマホ版もリリースされている。「Onion Browser」を使用して検索をすると、Googleとはまったく違う検索結果が表示される

[拡大写真]

わからないことはとりあえずググって…が当たり前な昨今。だが、Google検索でヒットしないサイトがあるという。

『週刊プレイボーイ』本誌で「石川英治のホワイトハッカーなんでも相談室」を連載中のホワイトハッカー・石川英治が、その実態に迫る!



















* * *

今ではわからないことがあっても、たいていの情報はググって即解決な感じですけど…。Google検索でヒットしないサイトがあるという。しかも、そこにはヤバすぎな情報がいっぱいとか!?

―石川さん、こんなサイトって本当にあるんですか?

石川 「Deep Web」や「Dark Web」のことですね。

―このふたつは別物?

石川 「Deep Web」はGoogleをはじめとする検索エンジンの検索を拒否するように設定されたサイトです。実は、このようなサイトは不正アクセス禁止法が施行される2000年以前は“UG”と呼ばれ、日本にもたくさんあったんです。

―「Deep Web」では何が行なわれているんですか?

石川 お金儲けの情報とかハッキングツールの売買ですね。まー、詐欺とか多かったですけどね。サイト管理者が逮捕されたりもして、玉石混交な状態が楽しかった時代でもありました。今は沈静化していますよ。

―では、「Dark Web」はどんなものなんですか?

石川 こっちは匿名通信の行なえる専用ツールを使用して、閲覧するサイトですね。内容的にはモロ犯罪ですし、もちろん検索エンジンには引っかかりません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!